電話代行サービス会社を徹底比較! » 電話代行に関するニュース » ランサーズアシスタントの電話代行サービスとは?【ニュース】

ランサーズアシスタントの電話代行サービスとは?【ニュース】

公開日: |更新日:

ランサーズ株式会社は、テクノロジーを活用して自由な働き方を実現する社会の構築を目指しています。本社を東京都渋谷区に置き、秋好陽介がCEOを務める同社は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で急増するテレワークのニーズに応え、「ランサーズアシスタント 電話代行サービス」を開始しました。電話対応のために出社する必要があるなど、テレワークの障害となる要因を解消します。ここでは、ランサーズディレクションパートナーの導入事例を紹介します。

電話代行サービス「ランサーズアシスタント」とは

ランサーズの専門フリーランスチームが電話対応を代行してくれるサービスです。入電の方法も臨機応変に対応可能。従量課金制で、基本料金は5000円。毎日たくさんの受電がある、という企業には対応コール件数に上限がないのもうれしいポイントです。

専門家に任せて安心

100名以上からなる厳選されたフリーランスチームが、クライアント企業の受電をプロフェッショナルに代行します。フリーランスチームのメンバーはいずれもコールセンターの実務経験を有しているため、会社の窓口としてお客様へ安心できるサービスを提供します。商品やサービスなどの問い合わせから、求人・広告まわりの問い合わせなど、幅広い対応が可能。

自由に選べるコミュニケーション

Slackなどの社内で使用しているコミュニケーションツールで入電情報の受け取り等のやり取りができます。普段から使い慣れているコミュニケーションツールを利用することで、コスト削減と確認漏れの防止につながります。

コストパフォーマンスに優れたサービス

基本料金5000円、1件あたり100円からの従量課金制。電話対応による業務の中断を防ぎ、ランサーズアシスタントが電話代行をおこなうことで、効率的に業務代行を実現。時間とコストを節約します。

ランサーズアシスタントとは

100万人超のフリーランスデータベ―スから、フリーランスにアウトソースを行うことで、広報、秘書、事務、人事、総務、経理など幅広い業務の依頼をおこなうことが可能になる、サポートサービス。業務をアウトソースすることで、メイン業務に集中でき業務効率を図ることができるようになります。

まとめ

多くの専門家が登録しているランサーズ。そのサービスの一つに「電話代行サービス」があります。「多くの人材が必要」「業務が煩雑で困る」「メイン業務に集中できない」といった自社のリソース不足を解消できるサービスであり、電話対応にお悩みの方は検討してみてはいかがでしょうか。

サービス内容が充実の
電話代行サービス
4選をチェック

サービスが充実している電話代行業者

google検索「電話代行サービス」上位30社の中から「月額定額プランあり」「クレーム対応可」の条件を満たす電話代行サービスをピックアップし、該当する4社の最安プランをサービス内容・料金で比較しました。※調査実施日:2023年6月12日

                                       
実績 継続率99.2% 創業70年以上 課題解決力94% 代行実績35年以上
CUBE電話代行サービス

引用元:CUBE電話代行センター公式HP(https://www.cube108.jp/)

CUBEの
プランを確認する

CUBEの
詳細を見る

株式会社プレッシオ

引用元:プレッシオ公式HP(https://www.pressio.co.jp/products/agency_service/common/)

プレッシオの
プランを確認する

プレッシオの
詳細を見る

ハートフルコールセンター

引用元:ハートフル
コールセンター公式HP(https://www.heartful.cc/denwa_daiko/)

ハートフル
コールセンターの
プランを確認する

ハートフル
コールセンターの
詳細を見る

有限会社アシスト

引用元:アシスト公式HP(https://www.tel-assist.co.jp/)

アシストの
プランを確認する

アシストの
詳細を見る

月額\10,000~ \10,000~ \4,000~ \6,000~
コール数(月) 50 48 30 30
転送・取次 - -
電話連絡 - -
メール連絡 -
クレーム対応
保証・返金制度 - - -
主なオペレーター 正社員・正社員登用前の契約社員 記載なし 記載なし 正社員