電話代行サービス会社を徹底比較! » 条件別に探す電話代行サービス3選 » 外資系企業を助ける電話代行サービス会社3選

外資系企業を助ける電話代行サービス会社3選

公開日: |更新日:

電話対応は、会社の顔ともいえる役割を担う大切な業務です。外資系の企業であれば、英語を話す外国の方からの入電に対しても、日本語による対応の場合と同じように、相手に好印象を与えるような受け答えをしなくてはなりません。そのためには、語学力とコミュニケーションスキルの両方をあわせもつ、プロのオペレーターに任せるのがおすすめです。

外資系企業は要チェック!おすすめの電話代行会社

電話代行サービスの導入を検討している人がインターネットで検索している89社※の中から、英語での電話応対が可能なサービスを提供している3社をピックアップ。料金の安い順にサービス内容をまとめました。

※Googleの検索エンジンを用い、「電話代行サービス」で検索した結果を基に89社を選出しています(2021年8月25日時点)。

No.1 CUBE電話代行サービス

費用 英語対応プラン:月額1万6,500円~
サービス内容 英語での電話対応
公式サイト https://www.cube108.jp/

安定した英語力をもつ専任オペレーターが担当

CUBEの英語対応プランでは、英語のネイティブスピーカーのチェックに合格したオペレーターが電話対応を行っています。あまりに専門的な内容や、相手が話す英語のなまりが強い場合などは対応が難しいケースもありますが、一般的な電話対応であれば、問題なくこなせるスキルを持っています。

入電レポートなどは日本語

英語話者からの入電内容を、電話あるいはメールでレポートする場合は日本語を使用してくれます。また、契約書をはじめとする書類にも日本語を使用。そのため、レポートや書類を確認するときに、英語を翻訳するなどの手間はかかりません。

CUBE電話代行サービスの
英語対応について見る
(公式サイトへ)

No.2 テレフォン秘書センター

費用 バイリンガルサービス:月額1万7,600円~
サービス内容 英語での電話対応
公式サイト http://www.telese.jp/

利用者のニーズに対応

バイリンガルコースでは、ビジネス英語を使えるスタッフが電話対応業務を担当しています。さらに、ビジネス文書の翻訳にも対応可能。そのため、外資系企業はもちろんのこと、外国人向けの商品を扱っている企業などにもおすすめです。

また、英語を母国語とする取り引き相手との商談を行なう際、通訳を務めるよう依頼もできます。英語を話せる社員を雇用するよりも、リーズナブルな価格帯でさまざまな業務を委託できるのが、大きな魅力となっています。

テレフォン秘書センターの
英語対応について見る
(公式サイトへ)

No.3 e秘書

費用 多言語サービス:月額2万円(税不明)~
サービス内容 3者間通話での通訳/英語での電話対応
公式サイト https://www.tas.bell24.co.jp/

英語以外の言語にも対応

英語の他に、韓国語と中国語(簡体字・繁体字)にも対応しています。「英語を使える事務スタッフだけでなく、韓国語と中国語に対応できるスタッフも必要」というニーズを抱える企業にとっては、頼もしい電話代行サービス会社だといえるでしょう。

外国語による電話対応をサポートするシステム

外国語の話者からの入電があった場合は、外国語対応可能なオペレーターに回線を接続。そして、オペレーターが通訳をしながら、3者間で通話を行う形になります。また、サービス利用者が不在の場合や電話に出られない場合などには、オペレーターが外国語にて電話対応を代行します。

e秘書の
多言語サービスについて見る
(公式サイトへ)

外資系企業にとって電話代行サービスがおすすめな理由

ここまで、外資系企業が英語対応可能な電話代行サービスを導入するのがおすすめだという前提で、評判のよい3社の紹介をしてきました。ここでは、なぜおすすめなのか、その理由について説明しています。主な3つの理由について、くわしくみていきましょう。

理由その1.ビジネスチャンスをつかみやすい

外国語が必要となる取り引き先がある以上、オフィス内に英語を使えるスタッフが常駐しているのが理想的です。というのも、そのスタッフが外出しているときに外国語の電話がかかってきた場合、スムーズな対応が難しくなるからです。急ぎの用件の場合は特に、相手にストレスを与える結果になってしまいかねません。

「あの会社はいつでも英語でスムーズかつスピーディーに対応してくれる」という印象が、少しずつ信頼感へとつながっていくので、とても重要な問題だといえるでしょう。ビジネス英語で対応できるオペレーターのサービスを受けられる電話代行サービスを導入すれば、ある意味で「英語を使えるスタッフが常駐している状態」をキープできるのです。

理由その2.電話代行サービスならコストカットが可能

「英語力のある会社」にするために英語を使える事務スタッフを雇用する方法もあります。ただ、その場合は、電話をかけてきた相手に好印象を与えつつ、しかも円滑にコミュニケーションをするためのスキルをあわせもっているかどうかが、大切なポイントとなります。また、雇用しようとする人が事務職未経験であれば、ビジネスマナーや事務作業の基礎などを、ゼロから教育する手間なども計算に入れておくことが必要です。そしてなにより、フルタイムの勤務となると、人件費が一定以上かかってしまいます。

一方、電話代行サービスを利用すれば、業務を担当するオペレーターは電話対応のプロフェッショナルですから、教育は不要です。また、料金は高い場合であっても月額数万円です。コスト削減の観点からも、電話代行サービスはとてもおすすめです。

電話代行会社を選ぶ際に注意すべきこと

電話代行会社の英語による電話代行サービスを導入する場合、会社選びは慎重に行なうことが大切です。というのも、「英語での対応が可能」と謳っている会社でも、充分な英語力をもっていないところもあるためです。

繰り返しになりますが、電話対応は、企業のイメージを左右する可能性のある業務です。英語の電話代行サービスを選ぶ場合も、できれば無料お試し期間などがあればぜひ利用しましょう。そういった期間を用意していない場合は、スタッフの教育システムや口コミ評判などをチェックしてみることをおすすめします。

サービス内容が充実の
電話代行サービス
4選をチェック

サービスが充実している電話代行業者

google検索「電話代行サービス」上位30社の中から「月額定額プランあり」「クレーム対応可」の条件を満たす電話代行サービスをピックアップし、該当する4社の最安プランをサービス内容・料金で比較しました。※調査実施日:2023年6月12日

                                       
実績 継続率99.2% 創業70年以上 課題解決力94% 代行実績35年以上
CUBE電話代行サービス

引用元:CUBE電話代行センター公式HP(https://www.cube108.jp/)

CUBEの
プランを確認する

CUBEの
詳細を見る

株式会社プレッシオ

引用元:プレッシオ公式HP(https://www.pressio.co.jp/products/agency_service/common/)

プレッシオの
プランを確認する

プレッシオの
詳細を見る

ハートフルコールセンター

引用元:ハートフル
コールセンター公式HP(https://www.heartful.cc/denwa_daiko/)

ハートフル
コールセンターの
プランを確認する

ハートフル
コールセンターの
詳細を見る

有限会社アシスト

引用元:アシスト公式HP(https://www.tel-assist.co.jp/)

アシストの
プランを確認する

アシストの
詳細を見る

月額\10,000~ \10,000~ \4,000~ \6,000~
コール数(月) 50 48 30 30
転送・取次 - -
電話連絡 - -
メール連絡 -
クレーム対応
保証・返金制度 - - -
主なオペレーター 正社員・正社員登用前の契約社員 記載なし 記載なし 正社員