電話代行サービス会社を徹底比較! » 電話代行に関するニュース

電話代行に関するニュース

公開日:|更新日:

会社にかかってくる電話対応によって時間と、作業への集中力が削がれるなどの課題に対する対策や、リモートワークの推進に必要なツールとして電話代行サービスの導入を検討する企業のニーズが高まっています。それにともない、電話代行サービスを導入した際のモデルを紹介した記事やサービスを提供する会社や商品プランも取り上げた記事なども増加しています。
このページでは電話代行にまつわる様々なニュースを随時紹介していきます。

fondeskを活用したリモートワークの取り組み

fondeskは、2019年のリリースしてわずか3年で3,500社以上の企業の導入されている電話代行サービスで、継続率も98%以上の支持を得ているのがポイントです。
サービス内容は「電話の取次ぎをオペレーターが代行し、チャットやメールで内容を通知する」というシンプルなもので、オンライン契約なので、すぐに始められるのも魅力です。電話50件まで月額10,000円(税別)、1件増えるごとに200円追加というリーズナブルな料金設定も選ばれている理由の一つです。
会社全体ではなく、部署ごとのスモールスタートも可能で、14日間の無料トライアルも実施しているので、効果を十分にけんしょうしてから導入することができます。

ミライAIの導入事例

ミライAIはGoogleの音声技術をベースに開発したシステムで、自動で音声を認識して電話応対ができます。

電話を繋ぐ場合は、同じ名前の社員が複数いる場合は、AIの方から部署や役職などを伺って確認できるため安心して利用できます。また、取次が不要な場合や担当者が不在の場合は、自動で折り返し対応へ移ります。折り返しの電話ではAIが担当者名や要件などを聞いて電話を切り、内容を要約して設定したメールアドレスやチャットへ発信することができます。14日間はセリフやチャット連携を体験できる無料デモがあり、最短1日で導入が可能です。

MOT/TELの導入事例

MOT/TELはいつでもどこでも会社の番号から発信・着信ができる電話代行サービスです。スマホやiPhoneなどを使った導入、利用ができます。

工事やリースが不要で、全国の市外局番が利用できるため、業界の中でもコストが抑えられるサービスとなっています。また、通話での音声品質や安定性からも人気を集めているサービスです。他社からの乗り換えも多く、累計での導入実績は27,000社以上(2023年1月時点)となっています。音質は無料デモで確認することができ、導入の検討がしやすいでしょう。携帯電話の番号でかけることがふさわしくない場面でも会社へ戻る必要がなく効率的に業務をすすめられます。

テルトル新サービスをスタート

「テルトル」は、コールセンター事業などを行っている株式会社Goodクロスが、令和4年3月よりスタートした新しい電話代行サービスです。基本料金なし、1コール500円の統一プランが特徴で、土日を含む24時間365日いつでも応対可能です。

かかってきた電話をクライアントの名前で受電し、通話内容はメール、Slack、Chatwork、MicrosoftTeams、LINEで通知します。

導入時の初期費用も必要なく、単純に電話の本数分の料金のみが発生するというシンプルな料金体系です。

申込みは、テルトルウェブサイトから必要な情報を入力するだけで、簡単に利用開始できます。個人事業主や起業、繁忙期のみ、会議中だけ、外出中だけなどの利用も可能。かかってきた電話を逃さないことで、売上の取りこぼしを防ぐことができます。

電話代行サービス「BusinessCall」、連携により入電通知が可能に

ビジネスコール株式会社が提供している電話代行サービス「BusinessCall」は、企業や個人事業主などへかかってくる電話へ一時対応し、担当者からの折り返しを案内するサービスです。対応内容はリアルタイムで報告し、詳細は専用管理画面で確認ができます。

管理画面では対応ステータスを付けられるため、対応の有無や優先順位などが一目でわかるようになっています。2022年9月には、Slackの利用も可能となりました。

「スタンダードプラン」月額5,500円(税込)月40件と、「ラグジュアリープラン」月額11,000円(税込)月100件の2プランを用意。件数が超過した分は、スタンダードプラン160円/件、ラグジュアリープラン130円/件が発生します。

どちらのプランも365日対応、ラグジュアリープランは最大9〜21時まで対応できます。

弁護士ドットコム、電話代行サービスとシステム連携

弁護士ドットコム株式会社が提供している「弁護士向け電話代行サービス」と「弁護士ドットコム業務システム」がシステム連携し、従来別々だったサービスが自動で連携されるようになりました。

電話代行サービスで受けた入電報告の内容が、業務システムに自動的に連携されることで、これまでメールやExcelファイルによる報告のみだったものが、自動的に紐付けされて業務システムに集約され、一括管理が可能です。

電話代行サービスは、法律用語にも対応できる弁護士向けのオペレーターが対応し、24時間365日対応できます。オペレーターが入電報告をすると業務システムに連携され、進行状況を可視化してどこからでも一元管理して対応し、抜け漏れを防ぐことにも繋がります。

業務の手間が省け、スムーズな弁護士業務とIT化に役立ちます。

営業電話から解放!ビジネスアシストが新サービスを開始

株式会社ビジネスアシストが提供する電話代行サービスでは、かかってきた営業電話を「断る営業電話」と「断らない営業電話」に振り分けることができます。企業にかかってくるさまざまな営業電話を、「断ってほしいが、営業の内容は確認したい」「興味がある営業電話にはアクションをとりたい」「この業界からの案内は断らない」など、クライアントの要望によって判別し、ビジネスアシストの秘書スタッフが、必要に応じた適切な電話対応を行います。

ビジネスアシストの電話を受ける秘書スタッフは、秘書検定の有資格者で、360時間の研修を受けた正社員です。高品質の電話代行・電話秘書サービスを提供するために、資格を持ったプロの正社員が、顧客ごとに応じたハイクラスな電話対応を行っています。「特定の営業電話には対応したい」という場合には検討したいサービスです。

おすすめの電話代行サービスを徹底比較!

必要のない電話をブロックできるサービスがスタート

バルテックが提供を始めたのは、営業電話や迷惑電話をブロックできる新サービス「迷惑電話の電話番」です。「迷惑電話の電話番」は、クラウド電話「MOT/TEL」を活用した今までにない電話代行サービスで、ユーザーとコールセンターの両方がクラウド電話「MOT/TEL」を利用することで実現しました。従来の電話代行の場合、取り次ぎのための通話料や、コールセンターまでの転送料が別途が発生していました。しかし、「迷惑電話の電話番」ではそれらが全て0円で利用できるため、電話にかかるコスト削減が可能です。

会社に営業電話が頻繁にかかってきたり、間違い電話が多かった場合、その都度、社員が対応していては時間の無駄になってしまい、仕事の効率も上がりません。不必要な電話をコールセンターであらかじめブロックし、必要な電話だけを取り次いでもらえることから、社員は本来の自分の業務に集中できるようになります。

「TELハラ」の予防に電話代行の導入提唱

クラウドソーシング・電話代行サービス事業などを展開している「うるる」では、電話代行の導入を推奨しています。

「うるる」が2021年3月に6都府県・400人から調査を行ったデータがあります。それによりますと、「電話を受けた際にストレスを感じる」と答えた従業員は、全体の70%近くを占めていたそうです。理由は、「業務の中断」や「電話対応に時間を割かれること」や「取り次ぎが面倒」であることなど。

電話対応に関しては、社員の中でも特に新人に任されることが多く、教育と考えられる一方で、多くの人が不満を抱えていることがわかります。一旦途切れた仕事への集中力を取り戻すまでには、個人差はあるものの時間がかかるので当然と言えるでしょう。「うるる」では、このような状態を「TELハラ」と名付けており、メディアなどでも取り上げられて大きな反響を呼びました。

"電話番"をなくして社員の負担を軽減

クラウドソーシングサイトを運営しているランサーズでは、「ランサーズアシスタント 電話代行サービス」の提供を開始しました。
「ランサーズアシスタント 電話代行サービス」では、専門のフリーランスチームを置き、各会社にオンラインでかかってきた電話を取り次ぎます。
電話を代行するフリーランスチームは、実際にコールセンターでの勤務経験を持つ厳選された人材。問い合わせやクレームなどの電話を取り次ぎ、その内容を指定されたチャットなどで依頼された各会社へと報告します。近年は新型コロナウイルス感染症の予防もあり、働き方も多様になってきています。しかし、そのような状況であっても電話対応があるために社員が出社しなければならない場合もこれまでありました。今後は社員の負担が少ない電話対応の普及に期待が寄せられます。

AIによる電話代行サービスは開発段階

アメリカGoogle社が開発した「Googleアシスタント」は、AI使った電話代行サービスです。これは同じくアメリカGoogle社による「Google Duplex」システムを活用したもので、まだ開発段階。しかし、デモでは美容院とレストランの予約が披露され、どちらも電話相手が人間と遜色ない会話をしていて会場からは驚きの声が上がりました。しかし、この「Googleアシスタント」には称賛とともに、異を唱える意見も見られました。実用化に進めば、「AIが人間のふりをして電話し相手をだますことになるのでは」との懸念が示されたのです。確かに、将来的に技術が進めば、AIだと名乗らない限り人間との区別をつけるのが困難になり、botの開発などで詐欺に悪用される可能性もあります。アメリカGoogle社は「Googleアシスタント」には透明性を重視しているとし、電話相手がAIであることを事前にわかるようにすると説明しています。

メールをチャットツールへ自動転送で差別化

「メールではなくチャットツールに連絡して欲しい」「通知に気づきづらいので対応が遅れがち」といった悩みに心当たりは無いでしょうか。メールをそのままチャットツールに自動転送可能な「Mail2Link」をハウスウェル株式会社が提供します。電話代行・秘書代行サービス企業を対象にOEM・販売パートナーの募集を開始。受信したメールを自動的にチャットツールへ転送できるため、電話代行・秘書代行サービスでの連絡手段に作業はそのままで、チャットツールへの通知が可能です。通知の見落としが減らせることに加え、チャット内でそのままやり取りすることもできます。

Mail2Linkの販売代理店契約を結べば、これまで差別化が難しかった電話代行や秘書代行サービスで利用者に選ばれやすい仕組みを導入できるでしょう。

中小企業でも利用しやすい電話代行サービス開始

ビジネスチャットツール「チャットワーク」を提供しているChatWork株式会社が、「ChatWork 電話代行」の提供を開始しました。近年では、働き方改革が進められていく中で、生産性や業務効率向上を行うため、業務の一部のプロセスを外部委託するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)が注目されています。しかし、BPOは多くの会社が大企業向けのサービス設計を行っているため、委託費用が高額で発注内容の決定など難しい面がありました。

「ChatWork 電話代行」では、ライトプランとカスタムプランの2種類を用意。ライトプランは月額1万円から利用でき、時間外対応や企業指定のマニュアルに対応させたい場合は「カスタムプラン」月額4万円のプランがあります。中小企業が委託しやすいシンプル設計を目指しました。14日間の無料トライアルも実施しているため、導入を迷っている企業も検討しやすいでしょう。

ファッション・美容企業専門のコールセンター始動

株式会社iDA(アイ・ディ・エー)では、2022年8月1日よりファッション・ビューティー企業を専門的に扱うコンタクトセンター代行サービスをスタートしました。業界で販売を行った経験のあるエキスパートが対応します。コンタクトセンターは、顧客とコミュニケーションをとり、新しい購買体験や購入へつなげられる重要なポイントです。ブランド品を扱うビジネスでは、ECで高額商品を扱っていることも多く、商品情報やブランドのコンセプトを伝えながらニーズや好みに合う商品提案といった柔軟な対応が必要でしょう。

iDAでは以前から対面以外での環境で、店頭と同じように高い接客スキルを仕事に活かせる人材の紹介や派遣サービス・教育に重きを置いてきました。その経験とノウハウにより質の高い接客、柔軟に対応できるコンタクトセンターの設置を可能にしました。

アルコールチェック代行をコールセンターで実施

飲酒運転の根絶を目的に、一定第数以上の「白ナンバー」を付けている社用車を保有している企業は、ドライバーの目視でのアルコールチェックと記録の保存が義務付けられています。横浜のスタートアップ企業では、ジェネクストが24時間対応するコールセンターで専用アプリから電話をかけ、酒気帯びの有無を確認、記録を残す「アルコールチェック代行サービス」を開始。

ジェネクストが公開している社用車管理の無料アプリ「アイ・コンタクトフリート」をはじめとしたアプリと紐づけることで、オペレーターの業務時間短縮に成功。1コール59円で提供することが可能となりました。現場の負担軽減と経営理念を掲げ、交通事故の撲滅を進めています。

「おまかせ電話代行」(Karigo)にボイスメール機能追加

「おまかせ電話代行」(Karigo)は、起業時期や副業をしている間、小規模事業者などを対象に、自社で電話対応が困難またはできない場合や業務効率化のため、電話応対を代行してくれるサービスです。加えて自分の携帯電話への転送や時間外ガイダンスを流すなど、 基本的なPBX機能も備えています。

「おまかせ電話代行」では専用の固定電話番号が用意され、自分で電話回線を用意する必要がないのも特徴。既存の電話番号をそのまま使用することも可能です。

今回追加されるボイスメール機能は、留守番電話を設定すると録音されたお知らせがメールで届くというもの。ボイスメールアクセス用の電話番号にかけることで、録音内容を聞くことができます。

営業時間外や休業日などに設定しておくと、顧客の用件を逃すことなく事前に確認できます。

機種を問わず一斉発信可能な「MOTオートコールIVR」

株式会社バルテックと株式会社バルテックコミュニケーションズは、スマートフォン、固定電話、ガラケーなどの機種を問わず、一斉発信できる架電代行サービス「MOTオートコールIVR」をリリースしました。

「MOTオートコールIVR」は、事前に用意した電話番号リストに自動で架電し、着信・通話を開始すると録音された音声ガイダンスが流れる仕組みです。着信側は音声ガイダンスに従い、電話のボタンをプッシュしてアンケートや質問に回答できます。

「MOTオートコールIVR」を利用してアンケートなどの回答を収集でき、データを業務に活かすことが可能です。

同サービスでは、電話番号の取得、架電から音声ガイダンスの作成までを代行してくれます。依頼する際には、架電リストとガイダンスの内容、発信日時を指定すればサービスを利用できます。

月額9,800円、LINEなどで受電報告する「Mikawaya-desk」

株式会社ジャストファインは、BPOサービス、コールデンター向け人材派遣を提供する企業です。同社がリリースしたのは、自社コンタクトセンター提供による「Mikawaya-desk」。

「Mikawaya-desk」とは、会社や個人の電話対応を代行し、その受電内容をLINEやSlack、メールなど指定した方法で報告するサービスです。

外出が多く電話に出られない、電話によって仕事が中断して集中できないなど受電を代行したいなど、電話の課題を解決できます。

上場企業の受電も担当しているコンタクトセンター専門スタッフが対応するので、対応も高品質。月額基本料金9,800円(税抜)で100件まで対応できるシンプルな料金体系です(101件目からは180円/1件の従量課金制)。

1カ月単位で契約・更新ができるので、短期間のみの利用も可能です。

電話代行の報告をSlackで行い、報告の見落としを防止

株式会社ビジネスアシストは、秘書検定の資格を持つ正社員が電話対応をする電話秘書代行サービスを提供しています。電話口では顧客に寄り添った対応をするのはもちろん、受電報告をメールと合わせ、Slackを利用して報告するサービスを行い、受電報告の見落としがなくなったと好評を得ています。

従来の電話代行サービスでは、受電報告をメールで行うのが一般的でしたが、利用者がメールを見落とすケースも多々起こっており、課題となっていました。

そこでビジネスコミュニケーションツールとして浸透しているSlackやChatworkなどのSNSを取り入れることで、ユーザーの利便性を図っています。

例えばSlackでは「共有チャンネル」または「ダイレクトメッセージ」での報告ができるので、担当者以外にも共有したり、他のメンバーに見られたくない報告の区別をしたりできます。社内の電話ログとしても利用でき、カスタマイズすればさまざまな可能性が広がります。

1コール98円〜受電代行するMikawaya-desk

BPOサービス、コールセンター向けの人材派遣を行っている株式会社ジャストファインは、企業や個人の電話対応を代行し、受電報告をタイムリーに行う「Mikawaya-desk」をリリースしました。

報告はSlack、LINE、メールなど、自社の働き方にマッチした指定方法で受けられます。いつでもどこでも受電内容がわかるので、ビジネスチャンスも逃しません。月額基本料金は100件まで10,780円(税込)というシンプルな料金体系で、101件目以降は1件につき180円の従量課金となります。

専門コンタクトセンターでは、上場企業の受電も請け負っているコンタクトセンター専門スタッフが対応しており、高品質の電話対応が可能です。電話対応で業務を中断されることなく、スマートな働き方を実現できます。また、申込みの翌日からサービスが利用できるのも魅力。質の良い受電代行をリーズナブルに活用してみましょう。

タスク上限のない定額のオンライン秘書サービス

株式会社クロコが提供するオンライン秘書サービス「Genny(ジェニー)」は、さまざまな業務をオンラインで代行するアシスタントサービスです。

定額でタスクの上限がなく、利用時間も無制限なので業務の量を気にせず任せられます。秘書を一人採用するためには、求人から面接、入社後の研修と多くの時間とコストが必要ですが、Gennyなら導入相談から最短30分で担当秘書を紹介可能です。Gennyには品質の高い業務を提供できる高スキルのアシスタントが在籍。スピーディにクオリティの高いサービスを提供できるよう、常にスタッフ教育に注力しています。

また業務内容は秘書業務にとどまらず、総務や経理、人事、Web・動画など、幅広い分野に対応できます。どのような業務提供が必要か相談すれば、適切な人材が業務に当たります。希望の依頼主には、Gennyの契約弁護士による契約書チェックや、コンプライアンスチェックも可能です。

コールセンターと受注代行の両方を行うiDENサービス

ECバックオフィスのパートナーとして、質の高いサービスをできる限り希望に沿った価格で提供している株式会社iDENサービス。コールセンターのみ、受注代行のみを行っている企業が多い中、iDENサービスではその両方に対応し業務効率化に貢献しています。自社でPBX(電話交換機)を所有し、電話会社に工事などを委託せずによいため、コストを抑えられ依頼主の要望に合わせた価格で請け負えるのが大きなメリット。また拠点を東北に置いており、人件費が抑えられていることもポイントです。

クライアントの多くがEC企業ですが、電話代行だけでなく受注代行まで行っています。一般的なASPカートはすべて網羅しており、スムーズな受注代行や電話、メール、ファックスへの対応も可能です。コールセンターや受注業務のスタッフを自社採用するよりも、委託によりプロが対応するので、スピーディな導入、業務効率化が図れ、コストダウンにも繋がります。

AIがお店に電話予約代行するオートリザーブの是非

ネットで予約代行の依頼をすれば、AIが飲食店に電話して自動音声によって予約をするサービス「オートリザーブ」。電話が苦手な若い世代や、電話予約しか受け付けないお店への予約に好評ですが、それを受ける飲食店の方からは賛否両論があるようです。とくにオートリザーブを知らない飲食店の人が電話を受けると、コンピューターの声が聞こえてくることに驚きます。さらにAIが必要事項を読み上げるのに時間がかかるため、忙しい時間帯に電話対応に長い時間を取られてしまう点や、電話代金は受電者持ちとなり、個人事業主の多い飲食業界では苦情も相次いでいます。

しかしながら、予約時にクレジットカード情報が紐付けられているため、キャンセルになってもキャンセル料回収がスムーズに行えるメリットも。とはいえ飲食店側に許可を得ずにオートリザーブに掲載しているため、トラブルが起こりやすく課題もありそうです。

電話対応自動化サービス「AItelefonista」

「AItelefonista」とは、自動音声応答やダイヤル入力(IVR)、AI音声認識による受電内容をテキスト化することで電話一次対応を自動化することができるサービスです。通話修了後は、受電内容はSlackやEメールなど使用しているビジネスツールに通知されるので安心です。応答文の編集もできるので、様々な企業のニーズにも柔軟に対応できるのが特徴です。優れたAIエンジニアが在籍し、ユーザーからの声を反映させ、セキュリティ面の強化やマイページでの操作性の向上、新たな機能の付随などを行っています。
また、初期費用や契約期間、解約金なども必要なく、即日利用ができるのも魅力的です。プランは着電回数によってスタンダード、プレミアム、アルティメットの3つがあり、どのプランでも、同じ機能で24時間365日対応での利用が可能です。30日間の無料トライアル期間を利用することもできますので、導入前にサービスを体験してから導入を検討してみてください。

AI電話番マヤイ

AI電話番マヤイは、「仕事の手が止まる」、「リソース不足による問い合わせの取りこぼし」などの電話対応の課題を解決するために、「電話コミュニケーションの再発明」を掲げて誕生したサービスです。
マヤイが他の電話番サービスと異なるところは、世界にもっと「きゅん」を生み出すAI電話番を目指している点です。シンプルな設定で利用可能で、電話を一次対応してメールやチャットで通知するという基本的な機能は備えたうえで、着信の通知画面やメルマガ、まやいちゃんがきまぐれで贈るプレゼントなど、サービスを利用するユーザーがほっと一息つけるような仕掛けで「きゅん体験」を届けています。
ユーザーだけでなく、電話をかけてきた相手にも快適で楽しい電話の「きゅんとする会話体験」が提供できるよう開発しています。

アントレで電話DXの「IVRy」を活用

アントレは、個人の独立開業を支援するための、インターネット広告事業やイベント運営を行っています。新たな事業展開に向けての問合せ窓口の新設に伴い、出社比率の低下や人的リソースの不足という課題への対応として、電話DXの「IVRy」の導入を実施しています。「IVRy」の各問合せ窓口における音声案内や自動応答、各担当者への転送機能を活用することで、想定コスト95%以上の業務効率化が可能となりました。
類似サービスが多い中、導入の決め手になったのは、コストと機能開発スピードの速さです。試験的な導入を行った際に、自動応対で完結できる問合せが多かったなどの気づきもあり、電話業務の効率化のみならず、一歩先の面白い取り組みに向けたビジネスパートナーとして提案も生まれています。

Hmcommが音声AI自動応答運用サービスを提供

Hmcommは、産総研発のベンチャー企業として、産総研独自の音声処理技術を基盤とした要素技術の研究/開発、ソリューション/サービスの提供を行っています。自社プロダクトである音声AI自動応答システム「Terry」と運用しているコールセンター「VContact Center Lab」を活用した音声AI自動応答運用サービスを提供しています。
「Terry」の音声による電話対応が可能なAIオペレーション機能やテキスト化した電話内容の通知機能とVCL(有人オペレータ)をセットで提供することで、音声AI自動応答システムの普及促進を図ることができ、一般的な有人コールセンターより圧倒的な低コストで電話対応業務を委託することが可能になっています。
自社プロダクトであるTerryを運用しているコールセンターで活用することで、業務完結率の向上や有人オペレータ業務の省力化を継続的にでき、さらなるコストダウンが期待できます。

シンプルで使いやすい電話代行サービス「叡知calling」

話しかけるだけで出張や会議室、ワークスペース手配などを自動化できる社内版ChatGPT「秘書AI 叡知」を手掛ける株式会社エイチが、業務代行やバックオフィス業務などを手掛ける株式会社BODと提携して展開するのが、電話代行サービス「叡知calling」です。

叡知callingは使いやすさを重視したシンプルな電話代行サービスで、企業への入電の一次対応と取次を行います。電話対応にかかるコストを削減し、ストレスなく主力業務に集中できるのが特徴です。

また、「叡知calling」と同時に「叡知mailing」もリリースされました。こちらは、書類の発送業務を代行するサービスです。どちらも利用することにより、電話や発送作業にかかっていた時間を削減し、効率的に業務を遂行することができるでしょう。

24時間外国語での電話対応を行う「e秘書(R) 多言語サービス」

個人事業者のビジネスに対して電話対応を一括代行しているベルシステム24が、小売販売業・宿泊業・飲食サービス業を対象として、24時間の外国語電話対応を可能にする「e秘書(R) 多言語サービス」を提供しています。

「e秘書(R) 多言語サービス」は、インバウンド需要の高い業者を対象とした、英語・中国語(簡体字/繁体字)・韓国語での対応が可能です。電話対応では、専門教育を受けたバイリンガルのオペレーターが通訳を行います。正確なやりとりが必要となる電話対応でも、言葉の壁に悩まされることはありません。

電話代行基本使用料に外国語対応オプションを加えた月額20,000円から導入できます。現時点で、多言語対応の機会がそれほど多くない場合でも、「e秘書(R) 多言語サービス」を導入すれば、コストを抑えてビジネスチャンスの拡大を図れるでしょう。

電話業界初の「詐欺拡散防止システム」

「詐欺拡散防止システム」は、電話代行の88電話代行サービスが電話業界で初めて運用を開始したサービスです。振り込め詐欺や社債詐欺、反社会的勢力など悪意ある組織による電話代行の悪用を未然に防ぎ、警察への連絡の必要性も判断してくれます。

電話代行は「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」の適用事業です。犯罪収益移転防止法は、本人確認を徹底することにより、収益移転を防止することを目的として制定されています。しかし、巧妙な反社会的組織は、本人確認をすり抜け、電話代行の電話を悪用してコールバックに利用し、犯罪を犯しています。

詐欺拡散防止システムは「お金を預けている」「期日になっても振り込みがない」などの詐欺の疑いがある文言をオペレーターが感知し、上席に報告することで、詐欺拡散の防止に努めます。文言は未公開です。このシステムは社内システムとして運用されているため、顧客が費用を支払う必要はありません。

VOISTAGE電話代行システムの販売会社

NTTデータ先端技術は、CTI/CRM製品の総合ブランド「VOISTAGE(ボイステージ)」のラインナップとして「VOISTAGE電話代行システム」を追加しました。VOISTAGE電話代行システムは、全国に50社ほどあるVOISTAGEパートナーから提供されています。

電話・秘書代行の品質を向上するための機能とハードウエアをワンパッケージにしたVOISTAGE電話代行システムは、中小規模サービスに最適化された業務支援ソリューションです。このシステムを利用することにより、電話・秘書代行サービスにかかる費用を抑えて導入できるようになります。

クライアント情報表示機能・発信元情報表示機能・ワンクリック発信/転送機能など、秘書代行に必要な機能を全て搭載し、10席程度の小規模コールセンターなら、342万8千円の投資で実現可能です。

「IR電話対応代行サービス」導入によるリスクヘッジは可能か

イー・ガーディアン株式会社は2023年8月より「IR電話対応代行サービス」の提供を開始しました。それまで幅広く電話代行を行ってきた経緯があり、そのノウハウを活かす形となります。

「IR」とは「インベスター・リレーションズ」の略で、企業が株主や投資家に対し、自社の経営状態・財務状況・実績や見通しなどを広報する活動を指します。イー・ガーディアン株式会社の「IR電話対応代行サービス」では、こうしたIRへの問い合わせに対し、オペレーターが一次対応を行い、日次でレポーティングを行っています。

電話口の一次対応で応えられる範囲で案内を行い、緊急の用件であればリアルタイムで担当者へと連携し、迅速に対応することでリスクヘッジを実現しています。

弁護士・司法書士専門の集客支援サービス「電話代行ENZINE」

株式会社円陣は弁護士や司法書士を対象とする専門の集客支援サービス「広告代行ENZINE」「電話代行ENZINE」のリニューアルを行いました。これは株式会社円陣が事業拡大するにあたり、問い合わせ件数の増加を見越したものです。リニューアルではデザインの刷新とサービス名の変更が実施。広告代行「ENZINE」は法律事務所の集客が厳しさを増す中、広告を活用することで依頼主の獲得を目指すサービスです。

一方の「電話代行ENZINE」は、弁護士と司法書士のためのコール代行サービスであり、士業を専門とするコールスタッフが対応しています。電話には即座にフォローコールされ、相談・申し込みまでつなげることもできます。コール内容や対応を改善しつつ、相談者の状況をしっかりとヒアリングするなどオペレーターの対応力が非常に高く、平均70%の面談予約率を確保しています。

コールセンターに司法書士法人の研修習得スタッフが常駐

株式会社中央事務所のコールセンター代行・電話代行サービスでは、司法書士法人の研修を習得したスタッフが常駐しています。特に着目しているのが取りこぼし発生率を限りなく抑えることで、365日24時間体制でのリコール対応、セキュリティに関する緊急事態に対しても、安定して高品質なサービスを、しかも迅速に提供しているのが強みです。

また、多言語に対応していることもサービスの品質を大きく向上させているといえるでしょう。ますます進むグローバル化社会の中で、国内に在住するさまざまな国の方々に対しても素早く対応することで一層の事業展開を狙えます。幅広く対応しているだけではなく、カスタマーサポートを中心に、より専門的な知識を必要とするテクニカルサポートにも強いのも魅力と言えるでしょう。

気軽に法律相談を利用してもらうための解決策とは?

アフターコールナビ株式会社は2022年、全国の20代から60代の男女に対して法律相談における調査を行いました。そのアンケートの結果によれば、「法律相談をしたい」と思ったことのある人はおよそ40%近くに達しています。しかしながら、実際に弁護士に相談や依頼をしたことがある人となると、その中の54%ほどにとどまり、残りの45%は「ない」と回答しています。

法律的に悩みを抱えている事案があるにも関わらず、実際には法律相談していない…。そこには弁護士への相談が一般の人にとっていかにハードルが高いか垣間見える結果となっています。気軽に相談できるとは言い難い法律相談には、今後さまざまな改善が求められます。法律相談を色々な人に利用してもらうためにも、費用を明確にすること、誰もが気兼ねなく利用できる環境を整えるといった工夫が必要です。気軽に法律相談を利用できるといった視点での電話代行といったサービスに目を向けることもできそうです。

AIによる注文電話代行サービス

フードデリバリーを提供している大手のアメリカ企業DoorDashでは、AIを採用した音声注文機能を一部の加盟店に対して提供開始しました。同社の調査によるとお客様からの注文電話について最大50%の企業が人手不足や繁忙により応答できていないという状況であり、AIとクラス最高のライブエージェント機能を組み合わせることでこれらの課題解決に向けて取り組んでいます。さらにこの機能により、お店のメニューデータに応じてお客様へのおすすめも行えるといいます。この機能を導入することで不在着信や長い待ち時間となることなく、多言語でパーソナライズされた音声注文ができるとともに、リピーターはお気に入りの食事をすぐに再注文することもできます。なお、DoorDashは日本でサービス展開をしていないため、日本でこの機能が提供されることはなさそうです。

女性を守る電話代行サービス

電話代行サービスを提供する88電話代行サービス(株式会社アイアールシー)では、インフラである代表電話で行われる女性起業家へのストーカー・セクハラなどを発生時に防止するシステムを運用しています。女性起業家の一人会社や個人事業主の場合、名刺に自宅の電話番号や携帯番号を記載しているケースが多々あり、「言い寄られて困っている」というような相談事例が発生していることもあります。そこで株式会社アイアールシーでは、88電話代行サービスをワンクッション挟むことによりインフラの安心・安全を担保できるシステム構築・提供しています。営業電話やいたずら電話、拒否したい電話をサーバー上で自動振り分けし、番号が特定できていれば必要な電話のみを転送することが可能です。また、特定ができない場合にも電話代行での絞り込みやメールでの内容伝達などを行います。

電話対応業務の自動化

NTTドコモの提供するAI電話サービスでは、電話応対業務をAIで自動化することが可能です。予約や問い合わせ、会社の代表電話などマンパワーで行われていた業務をAIが代行します。システムの基盤としてはアマゾンウェブサービスのクラウド型コールセンターシステム「Amazon Connect」を使用しており、コールセンターを持たないような小売・飲食店でも利用することができます。また、RPAと連携させれば電話応対の内容に応じてクライアントPCを操作することも可能です。受電や架電を問わずにサービスの申し込み・変更を受け付けることもできますし、RPAとの連携によってAI電話サービスで受け付けた内容をCRMに登録することもできます。タクシーの配車対応として予約を24時間365日受け付けているケースも存在するなど、さまざまな業種の業務に活用することができます。

コールセンターが悩む「カスハラ」

電話代行や秘書代行を行っているアフターコールナビは、受電対応を行っている社員を対象に受電クレーム対応における本音の調査を行っています。クレームを受けた際に「カスタマーハラスメント」いわゆるカスハラであると感じた経験がある人は66.9%という結果が出ています。この結果を踏まえ「所属企業側への要望」も拾い出しを行ったところ、「精神的に参るので心療内科に相談できる体制を取ってほしい」「録音や録音内容の公表を相手に求める」「常に担当者に連絡がとれて担当から対応できる体制がほしい」などといった回答が見られました。やはり電話応対業務については精神的な負担を感じている方が非常に多く、こういった代行業務を提供している企業ではその面におけるケアや改善ができる体制・対応が求められています。

サービス内容が充実の
電話代行サービス
4選をチェック

サービスが充実している電話代行業者

google検索「電話代行サービス」上位30社の中から「月額定額プランあり」「クレーム対応可」の条件を満たす電話代行サービスをピックアップし、該当する4社の最安プランをサービス内容・料金で比較しました。※調査実施日:2023年6月12日

                                       
実績 継続率99.2% 創業70年以上 課題解決力94% 代行実績35年以上
CUBE電話代行サービス

引用元:CUBE電話代行センター公式HP(https://www.cube108.jp/)

CUBEの
プランを確認する

CUBEの
詳細を見る

株式会社プレッシオ

引用元:プレッシオ公式HP(https://www.pressio.co.jp/products/agency_service/common/)

プレッシオの
プランを確認する

プレッシオの
詳細を見る

ハートフルコールセンター

引用元:ハートフル
コールセンター公式HP(https://www.heartful.cc/denwa_daiko/)

ハートフル
コールセンターの
プランを確認する

ハートフル
コールセンターの
詳細を見る

有限会社アシスト

引用元:アシスト公式HP(https://www.tel-assist.co.jp/)

アシストの
プランを確認する

アシストの
詳細を見る

月額\10,000~ \10,000~ \4,000~ \6,000~
コール数(月) 50 48 30 30
転送・取次 - -
電話連絡 - -
メール連絡 -
クレーム対応
保証・返金制度 - - -
主なオペレーター 正社員・正社員登用前の契約社員 記載なし 記載なし 正社員