電話代行サービス会社を徹底比較! » 電話受付代行はじめてガイド » 電気工事業者にとっての電話代行サービスのメリット

公開日:

公開日:

電気工事業者にとっての電話代行サービスのメリット

このページでは、電気工事業者にとって電話代行サービスの導入がどのようなメリットを与えてくれるのか、分かりやすく解説していますので比較検討の参考材料にしてください。

電気工事業者は電話応対が難しい?

現場での作業中は電話に出にくい

電気工事は多くの業界で必要とされる作業であり、実際の作業内容も様々です。例えば、不動産会社や建築会社から新築物件の電気設備の工事作業を依頼されることがあれば、電力会社からの依頼で配電盤や路上の電線を修理することもあるでしょう。しかし、いずれにしても電気工事業者の作業現場は依頼者によって変わるため、事務所でのオフィスワークだけを続けることはできません

加えて、電気工事業者は高所作業や高圧電線に触れる作業に集中していることも多く、作業中に電話を受けても個別対応をすることが難しいのも現実です。

そのため、電気工事業者にとって自分がどこにいても電話を受けられる環境を構築しておくことは、ビジネスチャンスを拡大するだけでなく、作業の安全性や正確性を保つ上でも重要なポイントになります。

電気工事業者が電話代行サービスを活用するメリット

ビジネスチャンスの拡充

個人で事業を続けている電気工事業者の場合、オフィスに電話番を置いておくことが難しいこともあるでしょう。

電話代行サービスを活用していれば、事務所に不在の時でも必要な電話応対を行った上でオペレーターから情報共有を行ってくれるため、大切な依頼や問い合わせの電話にもスムーズに対応できるでしょう。

顧客への安心感の提供

仕事が忙しくなるほど現場作業が増えますが、そのせいで電話に出られる時間が減れば、顧客に「いつ電話しても出てくれない」という不安を抱かせるかも知れません。

電話すればきちんと応対してくれるという安心感は、仕事への信頼感や依頼の決め手につながります。

自分の仕事へ集中できる

電気工事の作業に従事している際、もしかしたら大事な電話がかかってきているかも知れないと考えて集中力を欠くことは危険です。

電話応対のプロに任せられているという安心感によって、作業へ集中しやすくなれば、電気工事士の安全や作業の品質へも好影響を与えます

不要な営業電話や迷惑電話をカットできる

電話代行サービスでは、必要性のある電話だけを取捨選択して、依頼者へ通知してくれます。つまり、迷惑電話やしつこい営業電話などを最初からカットするフィルターとして機能してくれるため、余計なストレスをためることもありません。

また、どのような電話を優先すべきか事前に相談して決めておくことで、優先順位に沿った通知や連絡をしてもらうことも可能です。

もう迷わない!電話代行サービス会社BEST5

           
おすすめ業者5選 創業年 返金保証制度 プランに
含まれる
サービス数
CUBE電話代行サービス公式HP 1948年 あり
(1ヵ月以内で全額返金)
17
渋谷オフィス公式HP 1980年 あり
(1ヵ月以内で全額返金)
10
ビジネス
アシスト公式HP
1999年 あり
(1ヵ月以内で全額返金)
10
ベルシステム24公式HP 1982年 あり
(14日以内で全額返金)
4
MKサービス公式HP 2001年 なし 4