電話代行サービス会社を徹底比較! » 主要都市別!電話代行会社リスト

主要都市別!電話代行会社リスト

ここでは全国主要都市の、それぞれ代表的な電話代行サービスをピックアップして紹介しています。
あなたが事業を展開する地域には、どんな電話代行業者があって、どんなサービスを提供しているのかを見ていきましょう。

全国の主要な経済圏で電話代行会社をピックアップ!

日本を代表する経済圏には、大企業はもちろんですが、小規模の企業や、個人事業主も密集しています。
大小の企業が競いあってこそ、大経済圏が展開されているのです。

仙台

人口100万人を超える、東北最大の経済都市。
藩主・伊達政宗の時代から、日本有数の経済圏として発展してきました。
上場企業の本社もいくつかあり、地元・東北大学との産学連携も盛んです。

東京

日本はもとより、世界を代表する大都市。
世界に名だたる日本の大企業の多くは、東京に本社を置いているといっても過言ではありません。
かつての外国為替市場では、ロンドンやニューヨークと並ぶほどの、世界三大市場の一つでした

横浜

東京に次いで、日本第2位の人口を持つ経済都市
江戸末期から海外との貿易の窓口として、経済発展してきました。
また、東京に近いこともあってか、資金や人口の流入も多く、いっそう経済活動は盛んになって現在に至ります。

名古屋

市内総生産が約15兆円と、国に相当する経済規模の都市です。
中京工業地帯の中心地でもあり、古くから製造業が盛んです。
ブラザー工業、大同特殊鋼、パロマ工業など、名古屋に本社を置く世界的製造業者も多くあります。

京都

大企業が多く発祥する独特の経済圏。
京セラに代表されるように、一代で大企業を築く気骨ある土地柄として知られます。
そうした風土から、現在も多くの個人経営者が活躍しています。

大阪

東京と並ぶ、日本の大経済圏。
りそなホールディングスや日本生命保険など多くの大企業が、大阪に本社を置いています
商売に関しては卓越した才能を持つ個人も多く、小さなオフィスや店舗を構えて事業を展開する人が、現在もかなり多いと言われます。

神戸

貿易の街として、世界的にも有名な港町。
江戸時代から海運の要所だったこともあり、現在でも川崎重工や明治海運の本社が置かれるなど、造船業や海運業が盛んです。
地元の中小企業などを中心に経済拡大が進んでいます。

福岡

人口150万人を超える、九州最大の経済都市。
古くから、大陸との中継貿易港として経済活動が盛んでした。
市内総生産に対する第3次産業の割合が90%超。
中小企業や個人事業を中心とした商業の街として、現在も経済発展を続けています

札幌

全国第5位の人口規模を誇る、北海道の中心となる都市です。
コールセンターなどの電話代行をはじめ、第3次産業の割合が高いのが特徴。
市内ではおよそ9割が従業員数50人未満の中小企業であり、札幌はサービス産業を手掛ける中小企業によって支えられています

沖縄

日本の最西端に位置し、美しい海に囲まれている沖縄県。
他の都道府県と比べると、第2次産業が低い一方で第3次産業のウェイトが大きいのが特徴です。
そのため、1990年代から急速にコールセンターの立地が盛んになっているエリアでもあります。

広島

120万人近い人口を抱える、中国地方のものづくり技術を支える県のひとつ。
農水産物も収穫量・生産量も多く、自然に恵まれた歳として発展を続けてきました。
ものづくりを手掛ける企業が多く、世界的に見てもトップレベルの技術を誇るものづくりが盛んです。

埼玉

日本の中でも、数少ない内陸の県である埼玉。
東京都のベッドタウンとして栄えているエリアということもあって人口は年々増加しており、現在では700万人を超えています。
工業が盛んであり、食品や医薬品製剤などの出荷額は全国1位です。

奈良

大阪の食い倒れ・京都の着倒れ・奈良の寝倒れという言葉があるように、少しのんびり屋の気質を持っている奈良県民。関西エリアのベットタウンとして人が集まり、近年では新規事業を始める企業や起業する方が増えています。しかし、どちらかと言えば、消極的な方が多いため、新しい商品・サービスを始めるさいには熟考するようです。決断を急かすと契約に結び付かなくなるため、コミュニケーション能力の高い電話対応のプロを活用したいものです。

茨城

人口288万人の茨城県の県民性は、「怒りっぽい、忘れっぽい、飽きっぽい」と言われています(通称:茨城の三ぽい)。茨城は製造業と農業が盛んで、製造品の出荷額は全国8位と上位に食い込むほどです。そんな製造業や農業が盛んな茨城県で、信頼を集めている電話代行サービス会社を5社ピックアップしています。

栃木

内向的で非常にまじめな栃木県民。ビジネス面では、県民性の影響か「継続性」が重視されています。保守的な傾向が強いぶん、人間関係を築き上げるのに長い時間が必要。そんな気質をビジネスパートナーにするには、高いコミュニケーション能力が大切です。電話対応のプロである電話代行サービスを活用することで、円滑に良い関係性を築き上げられるでしょう。

群馬

県庁所在地の前橋市を中心にビジネスが盛んな群馬県。新規事業を始める企業や起業する方が多くします。群馬県民の県民性を表す言葉でもっとも有名なのが「かかあ天下」。昔から女性優位な社会で、女性が家計を支えてきた背景があるそうです。

また群馬県で暮らす人は義理・人情に厚いという県民性も。群馬の電話代行サービス会社なら、人間味ある受け答えで電話口の相手に好印象を与え、企業のイメージアップ効果につながるでしょう。

長崎

歴史上、日本で唯一国際的な貿易を許されていた長崎県。日本でもっとも長く国際交流を行ってきた県と言っても過言ではありません。古くから海外の人と携わってきたためか、開放的な県民性を持っています。また、どちらかと言うと排他的な姿勢・対応を嫌う傾向にあるようです。長崎県民相手の電話対応をするなら、電話対応のプロの力を借りたいところです。

鳥取

周りを豊かな自然が取り囲んでいる鳥取エリア。自然と共に歩む姿勢を大切にし、氷温技術をはじめとする価値ある産業が生まれています。また、二十世紀梨などの農産物や新鮮な海産物など、複数の分野においてビジネスの充実がみられます。

愛媛

「湯と文学の街」として知られる松山市を中心として、さまざまなビジネスが盛んな商業エリア。新規に事業をたちあげる起業家も少なくありません。間に瀬戸内海をはさみ、広島との結びつきが強いのも特徴です。

高知

地域に密着したビジネスが、県庁所在地である高知市などで盛んです。また、日曜市や木曜市など、中心市街地における商店街や店舗には活気がみられます。起業家も多いため、電話代行サービスの需要が高く、長い歴史をもつ電話代行会社もあります。

大分

大分に暮らす人々の県民性として注目すべきは、とても独立心が強いという点です。大分では、県全域というよりも、むしろ各エリアにそれぞれの特色があります。また、商売上手という側面ももちあわせており、活気あふれる県だといえます。

神奈川

長い間、大きなビジネスの一拠点としてのポジションにあるエリアです。みなとみらいを中心とした充実の商業施設だけでなく、新規のビジネス展開なども多く行われています。電話代行サービスに対する需要が高いのも特徴です。

佐賀

元気でかつ柔軟性に富む県民性が見られる北部エリアと、保守的な折り目正しさが印象的な南部エリア。また、共通しているのは「真面目さ」です。ビジネスを行なう上でも、こうした県民性をきちんと意識して付き合っていくことが大切です。

島根

島根には、世界遺産などを含む観光資源がたくさんあります。歴史的な価値の高さが注目ポイントです。そのため、現在はビジネスのイメージは強くないかも知れませんが、将来的には、さらに充実したビジネスの広がりが期待できるエリアだといえます。

宮崎

土壌に恵まれていたことも影響して、農業が盛んになったエリアです。また、マイルドな気候で過ごしやすいリゾート地としての一面も持っています。さまざまなアプローチによって、ビジネスチャンスをつかうための高い可能性を見込めるでしょう。

徳島

江戸時代には藍染や林業などが盛んであったため、大阪の商人との強いつながりがありました。現代においてもビジネスでの大阪との結びつきのなごりが残っています。また、徳島の県民性のひとつとして「しっかりとした金銭感覚」があげられます。

山口

明治政府において現代日本の基礎をつくりあげてきた地域という背景もあり、山口出身の総理大臣は8名にものぼります。これまでどおり、将来的においてもさらなるビジネスの発展が見込まれるエリアだといえるでしょう。規律正しさを大切にする県民性がみられます。

滋賀

琵琶湖の水運を中心として、長い歴史のなかで「関西におけるもうひとつの商都」として賑わいをみせてきたエリアです。最近では、京阪神エリアのベットタウンとしての位置づけになっているため、多くのビジネスチャンスがあります。

三重

伊勢神宮など、江戸時代から続く歴史的価値の高い資源にめぐまれている地域のひとつです。観光地として人気があることから、ビジネスチャンスが少なくない三重県。県民性としては、愛想の良さやもてなし好きな傾向があげられます。

長野

長野県は、教育水準の高さによる豊かなインテリジェンスや、人々の長寿が大きな特徴となっているエリアです。知性と長寿を誇る長野で、ビジネスを成功させるためにぜひ押さえておきたいのが「堅実さ」と「真面目さ」です。誤った対応をしないためにも、県民性をしっかりと把握しておきましょう。

石川

上越新幹線の開通により、今後、さらなるビジネスの展開が見込まれるエリアです。石川は、江戸時代に加賀百万石とも称されていたことからもわかるように、経済的にとても恵まれていました。そのためか、おっとりとして人当たりのよい県民性がみられます。

富山

自然環境が厳しい富山県。そのため、歴史的にもビジネスを充実させて道をきりひらいてきた「ビジネスタウン」といえるエリアです。商売のセンスのよさや、忍耐強さが県民性にあらわれています。

山形

県庁所在地である山形市を中心として、ビジネスが活気をみせているエリアです。あたらしく起業する人も少なくありません。そのため、電話代行においては、地域に密着しつつ、きめこまやかにおこなわれるサービスに高い需要があります。

秋田

「物を買うこと」、つまり消費に対して積極的な姿勢がみられる秋田の県民性。富裕層が比較的多かったことのなごりのようですが、それはかつて東北随一の米の生産地であったことがその理由のひとつとなっています。この県民性はビジネスにプラスに働く可能性が高いといえるでしょう。

岩手

東北新幹線が整備されたことが大きな理由となり、岩手は都市機能が充実しています。現在では、北東北で強い存在感を示すエリアとなっています。盛岡市などでビジネスが活発におこなわれているのが特徴です。

青森

青森は現在、北は北海道を、そして南は本州をつなぐ役割を担っている、「物流の要衝」としての位置づけになっています。そのため、ビジネスの分野においては、賑わいのある商業都市としての機能を持っています。

熊本

さまざまな分野において、適度なバランスがとれたエリアだといえます。特に、農業や観光などにおいて活気がみられます。強い意志や愛郷心の強さが熊本の県民性の特徴です。地域に根ざしたサービス提供が、ビジネス成功のカギだといえるでしょう。

香川

香川と聞いて思い浮かべるものが「讃岐うどん」だという人も多いのではないでしょうか。事実、讃岐うどんは全国的に有名で、うどんを食べに香川まで足を運ぶ人もいるほどです。うどん県として、観光分野などに賑わいがみられるエリアです。

福島

福島内の各エリアによって、それぞれ異なる県民性を持っているのが特徴的な県です。地理的に、東西に大きく広がっているため、気候や風土の差が大きいのも注目ポイントです。それぞれのエリアの雰囲気を尊重しつつ、柔軟性のあるビジネス展開をしていくことが大切です。

岐阜

歴史をさかのぼってみると、城下町として栄えてきたエリアであることがわかります。現在もその名残が続いているため、ビジネスには活気があります。特に、岐阜市などでは、新しくビジネスをスタートする人も少なくありません。

福井

豊かなビジネスセンスを持つことで知られる福井。歴史的に見ても、越後商人などがみせた「チャレンジャー気質」はとてもパワフルです。そういった人たちにひけをとらずにビジネスを行っていくことが、成功のカギとなります。

岡山

岡山では、観光分野を中心に活発なビジネスがみられます。桃太郎の舞台であることや、ジーンズの産地であることなどから、毎年多くの観光客が岡山を訪れています。電話代行会社への需要が高い地域のひとつだといえるでしょう。

静岡

地理的・文化的な観点において、日本の東西の分岐点に位置しているエリアです。そのため、県民性も地域によってさまざまです。世界的メーカーが多く、また、富士山などの観光資源にも恵まれているため、観光分野でも活気をみせています。

鹿児島

さまざまな分野において、豊かな資源や設備に恵まれたエリアです。種子島宇宙センターや屋久島、そして霧島山も有名です。ビジネスに対する積極的な取り組み姿勢があり、電話代行会社への需要も高くなっています。

新潟

日本一の米どころであり、かつ日本一の酒処でもある新潟。気候的に厳しい条件に屈しないエネルギッシュなエリアです。また、関東や東北、北陸、そして中部それぞれの地域に近いため、ビジネスを展開させていく上では、拠点しての役割も担っています。

金沢

ビジネスに活気がみられるエリアです。加賀百万石として大きな発展をとげてきた歴史を背景に、現在でも積極的なビジネスへの取り組み姿勢が続いています。昔から電話代行サービスへの需要が高く、したがってビジネスチャンスも見込めそうです。

山梨

ビジネスにおいてセンスのよさが光る山梨。努力をしっかりとしつ、あきらめない姿勢でビジネスに取り組む県民性が特徴的です。ですから、ビジネスにおいてひけをとらずに付き合っていくためには、それ相当の準備が必要となります。

千葉

交通網が非常に発達しているため、ビジネスが大きく栄え、賑わいのあるエリアとなっています。県庁所在地の千葉市だけでなく、市川市や船橋市などでもさまざまなビジネスの 展開や多くの新規事業者がみられます。

和歌山

マイルドな気候や、気候によって引き起こる災害の少なさなどが理由となり、「のんびりとおおらかな」県民性が見られる和歌山。観光分野などにおいて、さらなる発展の可能性を見込めるエリアです。

北海道

広大な面積をほこる北海道のなかで、ビジネスの中心地といえるのは、やはり県庁所在地である札幌です。国内の全ての市のなかで第4位という人口規模も理由のひとつとなっています。地域に密着した電話代行サービスが求められるエリアです。

ここに着目して電話代行を比較!

  1. 価格
    小規模経営では、一切のムダなお金を使うことはできないため、価格は重要視するべきです。
  2. サービス内容
    十分なサービスを行っていない電話代行では、ビジネス拡大も望めません。
  3. スタッフの質
    サービスは充実していても、電話をとるスタッフの対応が悪ければ、企業イメージは逆に悪化する危険性があります。

以上の観点を重視し、すでに地域で実績を積み重ねた、信頼ある電話代行会社だけを紹介します。

大経済圏を支えるのは、中小企業や個人経営の小規模な企業が中心です。
経費を節減しながら、企業ブランドも作っていかなければならない小規模経営者にとって、電話代行を利用するのは有効な選択肢でしょう。