電話代行サービス会社を徹底比較! » 電話受付代行はじめてガイド » 個人タクシーが電話代行を導入するメリットとは?

個人タクシーが電話代行を導入するメリットとは?

電話代行サービスを導入のメリットはどんなものがある?

そもそも個人タクシーは電話代行サービスを利用すべき?

個人タクシーでも電話代行サービスは利用すべきだ言えます。近年、タクシー業界は厳しい時代を迎えていると言われています。世の中の景気や天候までにも売上が左右されてしまう業種です。特に2020年に流行したコロナのような感染症が広まった際には外出する人が減ってしまうといった危機を身をもって感じたドライバーも大井かと思います。だからこそ、以前にも増して、安定した顧客を獲得することは非常に大切なのです。

「タクシー無線」という方法を活用している方も多いと思います。しかし、個人タクシーにとって嬉しい顧客は、ある程度素性が分かっていて、定期的に自分の車を指名してくれる人でしょう。それを実現するには不特定多数が利用するタクシー無線ではなく、電話で連絡をいただける顧客ということになります。

しかし、当然のことながら、個人タクシーのドライバーさんはほとんどの時間運転をしています。お客様を乗せいていないときには、車を止めて折返しすることもできますが、実車中にそれはできません。そこで、検討したいのが、電話代行サービスなのです。

ドライバーだけでなく利用者もストレスフリ―に

お客様にとっては「いつ電話をしても出てくれない」というのは、例えドライバーさんが運転中とわかっていてもストレスになるものです。電話代行サービスを利用すれば、いつでも必ず電話応対が可能で、予約の内容などは携帯電話にメールで知らせてくれることも可能ですから必ず大きなメリットになるはずです。

タクシー会社の配車機能を個人で実現

現在は個人タクシーのドライバーさんでも、以前はどちらかのタクシー会社に所属していたかと思います。そのときには、タクシー会社が固定電話を持ち、配車担当がお客様からの電話を受けて配車をするシステムを活用しての業務だったかと思います。しかし、個人タクシーになってしまえば自分ひとりで電話応対から乗車業務までをこなす必要があり、多数の顧客を作りながら業務を行い続けると、電話対応がどうしてもおろそかになるものです。

しかし、電話代行サービスを導入すれば、多くの顧客を抱えていてもいつでも電話対応をしてくれます。スケジュール管理さえしっかりとしておけばタクシー会社の配車機能を個人で持つことと同じ効果を発揮することも可能です。繁華街などで流しながらお客様を探しているよりも、電話連絡によって知っているお客様に乗車していただければ、安全面も確保できますし、売上の安定かも図れるでしょう。また、電話オペレーターが対応した内容は、メール連絡で見られますので通話する必要もありません。個人タクシーというのは、その業態から電話代行サービスと相性の良い業種だと言えるのではないでしょうか。

電話をしてくれる利用者はいるけれど、電話対応ができず困っている方は、ぜひ電話代行サービスの利用を検討してみてください。

もう迷わない!電話代行サービス会社BEST5