写真館をサポートする電話代行

写真館や写真スタジオでは電話代行サービスを活用して効率アップ

写真館や写真スタジオの電話対応

写真館や写真スタジオには、大きな資本が参入してチェーン展開している事例もありますが、やはり全国的に多いのは個人経営でやられている方ではないでしょうか。七五三から入学式、卒業式、成人式、そして、結婚と子供の頃から大人になっても思い出を演出する素敵なお仕事です。

しかし、上記のような「はれの日」には、多くの方が写真撮影を希望する時期でもあります。ほとんどの写真館や写真スタジオでは、お一人で予約業務や撮影をこなしているのではないでしょうか。例えば10~11月にかけては七五三、そして3~4月になると卒業式・入学式の記念写真撮影<など、撮影が集中してしまえば、予約電話の応対などもままなりません。「もっと分散してくれれば……」などと嘆く方もいるでしょうが、もちろん、そうはいきませんから、効率的に対応する方法を考える必要があるのです。

では、どのように対応すればよいのでしょうか。このようなときに頼りになるのが、電話代行サービスです。予約受付の電話が入ったとしてもスムーズに対応してくれるため、顧客満足もアップ。予約の電話を取りこぼすことがなくなり、売上も増加する可能性があります。

出張に行っても撮影に集中できる

記念日の写真撮影は、スタジオだけではなく、ときには出張することもあるでしょう。お宮参りや結婚式など、「子供の頃から撮影してもらっているので、ぜひお願いします」ということも、よくあるでしょう。もちろん、カメラマンとしてはとても嬉しいことなのですが、留守の間の電話が心配になることも事実。現在では電話転送サービスもあり、携帯電話に転送する事も出来ますが、撮影に集中できなかったり、電波状態が悪くてやり取りが出来なかったり、スケジュールを確認するのに手間取ってしまったりと、心配に感じる面も少なくありません。

このような場合でも、電話代行サービスは非常に有効です。電話を気にすることなく、撮影業務に集中できますし、スケジュール管理もしっかりと共有が出来ていますので、撮影予約もスムーズに入れられます。

英語での対応が可能な業者も

個人で経営されている写真館や写真スタジオで、最近多いお悩みが外国人顧客への対応です。以前よりも大幅に増加している外国人顧客が、日本の思い出としてプロに撮影してほしいという要望も多くあります。

しかし、語学力に自信がない場合、いきなりの英語での電話問い合わせには対応できないことがほとんどでしょう。スタジオに来てくれて、顔と顔を合わせれば身振り手振りやスマートフォンなどの翻訳機能でなんとか対応はできると思いますが、電話ではお手上げ状態です。

ここでも電話代行サービスが役立ちます。サービス業者によっては日本語だけではなく、英語にも対応している業者があります。また、海外からの予約に対しても24時間対応が出来ますので、安心です。このようなサービス業者と契約をしておけば、英語での問い合わせもスムーズにいきますし、今後も増加していくであろうインバウンド需要にもしっかりとビジネスチャンスを見いだせることになります。英語は苦手だからと敬遠せずに、サービスを上手く使うことが大切だといえるでしょう。

また、このサイトでは多数の電話代行サービス会社を紹介しています。24時間対応や多言語対応など、ぜひあなたの企業にピッタリなサービスを提供している会社選びの材料にしてみてください。

もう迷わない!電話代行サービス会社BEST5