電話代行サービス会社を徹底比較! » 電話受付代行はじめてガイド » 化粧品卸売業者が電話代行サービスを導入するメリットとは?

化粧品卸売業者が電話代行サービスを導入するメリットとは?

化粧品の需要は時代に左右されず一定の需要があります。さらに、近年は男性のスキンケアも注目されていて、化粧品の卸売小売需要も増加することが考えられます。

今後も需要の期待でいる化粧品業界で生き残るには、電話対応の品質から注意す必要があります。そして、商品の管理や販売業務と並行しながら電話対応も行うには、電話代行サービスの導入が有効です。

今回は、電話代行サービスの導入メリットについて、分かりやすく説明していきます。この機会にぜひ参考にしてみてください。

電話代行の導入によって得られるメリット

化粧品の卸売小売業に電話代行を導入する、具体的なメリットについて紹介していきます。

1.商品管理や仕入れといった業務に集中できる

化粧品販売事業は、店頭販売だけでなくネットショップへの進出も増えている状況です。また、2020年は新型コロナウィルスの感染拡大防止策として外出自粛が広まり、ネットショップやオンラインサービスの需要も高まっています。

今後はネットショップでの顧客獲得が、化粧品販売会社にも求められます。しかし、ネットショップ事業を維持するためには、Webサイトの管理から注文受付、発送や梱包作業など複数の作業を進めなければいけません。さらにネットショップは、土日や夜間など時間問わず注文が集中することもあり、電話対応まで丁寧に進めれられないケースも出てきます。

そこで電話代行サービスを導入し、顧客からの化粧品の成分や内容に関する質問、注文方法の相談など細かな対応をプロのオペレーターに任せるのです。そうすることで、梱包発送、仕入れ業務やショップ管理作業へのに集中できます。

2.災害に備えて拠点を分散できる

日本は台風、地震、豪雨といった災害リスクがあります。そして企業は、BCP対策の一環として拠点の分散も考慮するのも大切です。

電話代行サービスを導入した場合は、電話受付や問い合わせといった業務を自社とは別の拠点で対応できます。さらに自社が被災したとしても、電話代行サービスの拠点が被災していなければ被災前に受注した注文の問い合わせ対応も継続可能です。

水害リスクの高い地域や地盤の弱い地域に拠点を置いている場合は、電話代行サービスも活用した拠点分散を検討しましょう。

3.研修なしで電話対応や関連業務の対応が可能

化粧品卸売小売事業に対応している電話代行サービスは、化粧品のジャンルやターゲット層に合わせたオペレーターが対応してくれます。また、その他にも対応時間やクレーム対応、FAXの送受信などコールセンター業務の大部分を担ってくれるのも大きな特徴です。

新規にスタッフを雇用する場合、電話対応をイチから覚えてもらう必要があります。ですが、電話代行サービスは、基本的な電話対応をはじめクレーム対応やFAX業務など関連業務を身に付けたプロのオペレーターに依頼できるので、研修の手間を省けます。

化粧品販売会社に対応している電話代行サービス

化粧品販売会社のニーズに対応している電話代行サービスを探す時は、通販事業や化粧品卸売や小売に関する知識やノウハウを持っている業者か確認しましょう。また、化粧品の成分や使い方について、スムーズに説明できるオペレーターが所属しているか実績なども確認する必要があるでしょう。電話問い合わせの対応といっても、化粧品に関する質問や疑問に応えなければいけません。

電話代行サービスの公式サイトには、対応業種を掲載しているので、化粧品販売事業にも対応しているかどうか確認できます。

もう迷わない!電話代行サービス会社BEST5