契約までの流れ

電話代行・電話秘書サービスの契約の流れ・手順、解約などについてまとめてみました。契約にあたっての目安として、参考にしてみてください。

サービス会社との契約の仕方について

電話代行や電話秘書サービスの一般的な契約の流れは、次のような手順で進めます。

(1)問合せ
(2)申込み
(3)入会審査
(4)契約
(5)サービスの開始

まずは問合わせてサービスの詳細について確認します。

あとから気になった点があれば、メールや電話などで随時問合せ、事前に不明な点は埋めておくことがのちのちのトラブルを回避することにつながります。

お試し期間などがあれば、ぜひ活用しましょう。

契約する会社が決まったら、メールフォームや電話での申込みとなります。

また、サービス会社の事務所・事業所が近くにあるのなら足を運んで、その場で相談しながら申込みするのもおすすめです。

申込みにあたっては、法人・個人で必要な書類が異なりますので、確認のうえ契約日までに準備しておいてください。

法人契約で必要な書類

登記簿謄本/担当者の身分証明書(運転免許証など)/印鑑証明書

個人契約で必要な書類

本人の身分証明書/住民票/印鑑証明書

必要な書類はサービス会社によって若干違うので、詳しくは問合わせのさいに確認してください。たとえば、印鑑証明書が必要なところもあれば、不要なところもあります。

必要書類を提出したら、次は入会審査です。

希望するサービス・プランや会社によって審査期間はまちまちのため、ある程度余裕をもった日程で申し込むようにしましょう。

無事に審査が通れば、いよいよ契約。

サービス会社へ出向いて契約しなくても、多くの場合、郵送でのやりとりで完了させることができます。

そのさい、契約書が2通と請求書などが送付されてきますので、指定された書類に捺印のうえ、返送してください。

以上のやりとりで問題がなければ、無事にサービス開始となります。

サービス開始までの日数は、電話代行であれば最短で契約成立の翌日からOK。

ただし、ネットショップ受付代行サービスをはじめ、フリーダイヤルをレンタルするケースでは10日前後の日数を要する場合もあるので、あらかじめ念頭においておいてください。

もう迷わない!電話代行サービス会社BEST5