電話代行業者の様々なプランの適正を診断

最適な電話代行業者が見つかる~適性診断~

電話代行業者を有効的に利用するためにも、最初の業者選びが最も重要な要素になります。電話代行業は昭和40年代には既に始まっていたとされ、現在でも数多くの電話代行業者が企業間競争を繰り広げています。

過当競争になった場合、多くは電話代行業者では料金の引き下げを真っ先に行います。これは利用者から見ても、業者選びの大きなポイントになるのではないのでしょうか。しかし、業務の円滑化といった利用目的があるならば、各社のサービス内容やプランをしっかり見極めることが大切です。

ここでは様々なビジネスモデルで考えられる企業形態に適したプランを紹介します。実際に診断を行った上で、依頼する電話代行業者を絞り込んでみてはいかがでしょうか。

企業形態から診断する~電話代行業者のお勧めプランの紹介~

電話代行業者の理想的なプランは、会社の業務状態や規模が分かれば、ある程度まで絞り込むことが可能です。ここでは様々な企業形態を例に、適切なプランを紹介します。

タイプA

  • これから起業を考えている。もしくは新興企業である
  • 電話代行業者にかかる費用を極力減らしたい
  • 比較的、電話がかかってくる件数が少ない(月20~30件程度)

タイプAに該当するならお勧めはコチラ!

現段階で電話件数が少ないという場合は、費用の安さを優先して選んでも良いでしょう。その中でもお勧めは、MKサービスが提供しているスモールプランです。

激安の料金設定が特徴的なMKサービスでは、月額2,900円のスモールプランという業界屈指の低価格プランを提供しています。月に20件までなら2,900円で利用できますが、コール回数を超えてしまうと1件につき145円が別途発生します。

新興企業で電話件数が少ないなら、最初はスモールプランから様子を見るのも良いでしょう。

■MKサービス「スモールプラン」のサービス概要

月額料金 税込2,900円(保証金/初期登録料無料)
コール回数 20回(超過料金:1件145円)
対応時間 9:00~18:00
サービス内容
  • 基本対応(名前・あて先・折り返し連絡先)
  • 社名+個人名対応
  • 用件の徴収
  • 即時メール報告

タイプB

  • 費用よりもオペレーターの質を重視したい
  • 月に100件程度の入電がある
  • 今後、更に入電の増加が考えられる

タイプBに該当するならお勧めはコチラ!

業務が軌道に乗ってきた時は、電話代行に求めるサービスのレベルも高くなります。顧客や取引先との商談をスムーズに進めるためには、対応力のある電話代行業者を選ぶようにしましょう。

タイプBに該当する方には、CUBE電話代行サービスの「標準プラン」がお勧めです。CUBE電話代行サービスの運営会社である株式会社エル・シー・センターは70年近い歴史を持つ、ビジネスサポートに特化した企業です。そのような社風から「高品質な対応」という点では、信頼できる会社といえるでしょう

■CUBE電話代行サービスの「標準プラン」のサービス概要

月額料金 税込16,200円(保証金5,000円~10,000円(解約時返金)/初期登録料無料)
コール回数 100~200回(超過料金:1件200円)
対応時間 9:00~18:00
サービス内容
  • 簡易受付
  • 求人受付(電話内容の聞き取りなど)
  • 用件別連絡振り分け(商品受注は連絡先A。人事関係は連絡先B。など)

その他多数

タイプC

  • 24時間体制での対応を望んでいる
  • 月に200件以上の入電がある
  • クレーム処理などの案件にも対応して欲しい

タイプCに該当するならお勧めはコチラ!

24時間体制で入電があるような大規模企業は、利用する電話代行業者も大規模な業者を選ぶようにしましょう。多くの電話代行業者では9:00~18:00までの対応となっており、24時間体制となると選べる業者も限られてきます。その中でお勧めのプランがベルシステム24 e秘書の「24時間安心パック」です。

電話代行業者最大手のベルシステム24 e秘書は、楽天証券やSOFTBANKといった日本を代表する大手企業のコールセンターを構築した実績を持つ優良企業です。オペレーターの質にもこだわっており、独自の教育プログラムで臨機応変に対応できる環境を整えています。

■ベルシステム24 e秘書の「24時間安心パック」のサービス概要

月額料金 税抜72,800円(初期登録料:15,000円)
コール回数 50回(超過料金:1件380円)
対応時間 24時間対応(夏季休暇・GW・年末年始を省く)
サービス内容
  • ヒアリング項目(最大7項目)
  • 用件聴取
  • AQ対応(最大10項目)
  • 日次レポート

その他多数

タイプD

  • 海外とのやり取りが多い、または多くなる予定である
  • 英会話ができる従業員がいないため、オペレーターには英会話での対応スキルを求めている

タイプDに該当するならお勧めはコチラ!

近年ではインターネットの普及に伴い、企業の規模を問わず海外企業と取引が行えるようになりました。メールといったテキストであれば、翻訳サイトなどを使えば連絡のやり取りが可能です。

しかし、英会話となると、そういう訳にもいきません。電話代行業者を選ぶ際も、ネイティブな発音で対応できる業者を選びたいものです。そのような方は、CUBE電話代行サービスの「英語対応プラン」がお勧めです。

CUBE電話代行サービスでは、ネイティブによるスキルチェックに合格したスタッフのみが、英語対応に配属されています。そのため、基本的なやり取りであれば、難なく対応できるのです。

クレームに関しても一次対応までならプラン内で任せられます。料金とサービス内容を見比べても、非常にコストパフォーマンスが良いプランといえるでしょう。

■CUBE電話代行サービスの「英語対応プラン」のサービス概要

月額料金 税抜10,000円(コール回数30回)
15,000円(コール回数50回)
25,000円(コール回数100回)
(保証金:5,000円(解約時返金)/初期登録料無料)
コール回数 超過料金:1件350円
対応時間 9:00~18:00(土日休み)
サービス内容
  • 基本対応
  • 応答後転送
  • クレーム一次対応
  • 会話録音送信サービス
  • 内容の伝言サービス

その他多数

診断結果に当てはまった業者を試してみよう

プランを4種類紹介しましたが、ご希望に適ったプランは見つかりましたでしょうか?もし利用を検討したいサービスが見つかったなら、契約の前に無料お試しサービスを利用されることをお勧めします。

お試しサービスの概要は業者にとって異なりますが、導入時のシミュレーションとして最も効果的な手段といえるでしょう。時間に余裕があるならば、近いプラン内容の業者を数社ピックアップして、それぞれのお試しサービスを利用するのも効果的です。

必要に応じてオプションサービスを追加すれば自社独自のカスタマイズにより、更なる業務円滑化が可能となります。

もう迷わない!電話代行サービス会社BEST5